超わかりやすい認知症ケアのマニュアル 

1日15分!高齢者でもできる!伊藤式膝痛解消プログラム【ひざ・ヒザ】

認知症の原因、困った行動への対応、認知症の方の気持ち、介護保険サービスの利用など認知症介護のためのガイドです

サイトマップ

居宅サービスを利用

認知症のお年寄りの介護は、24時間、365日、そして5〜15年などと長期渡りますから、1人で抱え込まいなことです。



それも、軽症のうちから、利用できる公的な介護サービスを利用していくことが、居宅介護を長く続ける秘訣といえます。

それは、介護から解放される時間を確保することができるからです。

介護が限界に達してから公的サービスを考えるのではなく、ゆとりがあるうちに自分の住んでいる地域にどんなサービスがあるのか調べて、なるべく早期から利用を開始することが大切です。

自宅で介護する場合、契約前にサービスの内容を十分に確かめることです。

例えば、ホームヘルパーが家に来る場合、どこから入ってどこを通るのかなど、細かいことまできちんと確認しておくのがよいと思います。

初めて居宅で介護サービスを受ける場合、勧められるままに多くのサービスを受け入れてしまう傾向があります。

まずは試してみるという姿勢が大切です。

ホームヘルパーの訪問を週に3回勧められたら、とりあえず1回にして様子をみることも必要です。

居宅で受けられる主なサービスには、次のものがあります。

訪問サービス:ホームヘルパー、看護師、リハビリ師の訪問

訪問入浴サービス:入浴介助の訪問

通所サービス:デイサービスセンター、老人保健施設などへの通所

短期入所サービス:特別養護老人ホーム、老人保健施設などへの短期間入所

福祉器具の貸与・購入:車椅子、特殊ベッドの貸与、腰掛便器、入浴用椅子などの購入費支給

住宅の改修:手すりの取り付け、段差解消などの住宅改修費の支給



デイサービスで日中を過ごす

ショートステイは計画的に

グループホーム

自立でも大丈夫!介護保険「認定調査・裏技マニュアル」
認知症とは
認知症はどうして起こる
認知症に気づいて病院を見つけるまで
受診と検査
自宅でお世話するには
上手にコミュニケーション
認知症の人の心理
間違い行動を起こしたら
介護保険サービスを利用
居宅サービスを利用
デイサービスで日中を過ごす
ショートステイは計画的に
グループホーム
施設サービスを利用
認知症のQA
うつ病の悩みがスッキリなくなります。こころケアからだケア
リンク集
ホームヘルパーが教える、絶対に失敗しない自宅介護法
要介護認定 徹底マスター模試
自立でも大丈夫!介護保険「認定調査・裏技マニュアル」

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
フリーローン 金利






























超わかりやすい認知症ケアのマニュアル All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。