超わかりやすい認知症ケアのマニュアル 

1日15分!高齢者でもできる!伊藤式膝痛解消プログラム【ひざ・ヒザ】

認知症の原因、困った行動への対応、認知症の方の気持ち、介護保険サービスの利用など認知症介護のためのガイドです

サイトマップ

物忘れと認知症|認知症とは

第一のポイントは、通常の物忘れは体験の一部分を忘れるにとどまりますが、認知症の場合には体験の全体を忘れることが特徴です。



エピソード記憶の障害といわれます。

第二のポイントは、健康な人の物忘れはひどくなったとしてもその頻度が増えるだけで、物忘れのままです。

ところが認知症の場合には、物忘れにとどまらず、暗算ができなくなる、時間や場所の見当がつかなくなる、少し複雑な状況になると正しい判断がつかなくなるというように、認知障害へと進行していくのです。

第三のポイントは、健康な高齢者では物忘れに気づき、自覚をもつことができますが、認知症の人では、物忘れを認識することが困難になるのが特徴です。

第四のポイントとしては、普通の物忘れでは生活に支障はなく、介護の必要はありませんが、認知症では今までの暮らしが難しくなって、介護を必要とする状態になるということです。

以上のことは主な特徴ですが、個人差があることはいうまでもありません。

いずれにしても、物忘れがみられたからといってすぐに認知症と速断しないこと、また逆に認知症の物忘れの特徴がみられたら、なるべく早期に医師の診療を受けるようにすることが大切です。

自立でも大丈夫!介護保険「認定調査・裏技マニュアル」
認知症とは
認知機能
認知機能が低下
脳はコンピュータ
認知症かどうか
認知症を電車に例えると
物忘れと認知症
認知症はどうして起こる
認知症に気づいて病院を見つけるまで
受診と検査
自宅でお世話するには
上手にコミュニケーション
認知症の人の心理
間違い行動を起こしたら
介護保険サービスを利用
居宅サービスを利用
施設サービスを利用
認知症のQA
うつ病の悩みがスッキリなくなります。こころケアからだケア
リンク集
ホームヘルパーが教える、絶対に失敗しない自宅介護法
要介護認定 徹底マスター模試
自立でも大丈夫!介護保険「認定調査・裏技マニュアル」

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
広島銀行 金利


















超わかりやすい認知症ケアのマニュアル All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。