超わかりやすい認知症ケアのマニュアル 

1日15分!高齢者でもできる!伊藤式膝痛解消プログラム【ひざ・ヒザ】

認知症の原因、困った行動への対応、認知症の方の気持ち、介護保険サービスの利用など認知症介護のためのガイドです

サイトマップ

脳はコンピュータ|認知症とは

人間の脳というのは生物進化の頂点にあると考えられます。



情報をコントロールする精巧なコンピュータであり、他の生物には見ることはできません。

脳を伸ばした腕に例えると、拳の部分にあたります。

そして手首の部分が脳幹、腕が脊髄になります。

脳から出発した神経細胞の多くは、脊髄を通過して内蔵や全身の末端にまで分布しています。

脳という臓器には、外からみると沢山のシワが寄っています。

人間は年をとると皮膚に沢山のシワが寄りますが、脳のそれは、表面が深く内部に向かって折り込まれているためにシワに見えるのです。

人の脳の重さは平均約1400グラムです。

表面には神経細胞がぎっしりと詰まっています。

表面はシワがあるため実際の表面積はとても広くなります。

シワを伸ばして測ってみると、だいたい2200平方センチメートルといわれ、新聞の1ページ分に相当します。

こうした広い表面積をもつ脳が狭い頭蓋骨の中に収まっているためにシワができるのです。



脳には2つの大きな溝があります。

中心部を横断するように中心溝があります。

そして前の下方から後方に向かって外側溝(シルヴィス溝)があります。

脳はこれらの溝によって、前頭葉、頭頂葉、後頭葉、側頭葉にそれぞれ分けられます。

神経細胞の集合ネットワークは、主に脳の表面につくられており、神経細胞は、前頭葉、頭頂葉、後頭葉、側頭葉にわたって分布しています。

脳の表面の神経細胞の集合は層をなしていて、脳の皮質と呼ばれています。

その他、脳の真ん中の深いところにも、神経細胞が集合しています。

これらの神経細胞は、直接精神の働きに関係しています。

その数、およそ140億個ともいわれています。

地球の人口の2倍以上の数の神経細胞が頭の中に入っていることになります。

脳の皮質は、非常に巧妙に作られています。

各部位によって働きが異なり、それぞれに機能を分担しています。

分担と同時に全体としての総合的な働きも有するトータルな情報器官だといえます。

前頭葉は、もっとも高次の精神機能を司っています。

オーケストラの指揮者のような総合判断を行っているといえます。

プランを立てて未来を想像していく能力を受け持っているわけです。

意欲や想像力なども、おそらく前頭葉の働きでしょう。

前頭葉と頭頂葉との間にある中心溝を境に、前にあるのが運動領野、後ろにあるのが知覚領野です。

側頭葉は、人間の記憶を司っています。

特に側頭葉の内側にある海馬というところは、神経細胞の集団があり、記憶を担当しています。

その海馬が障害を受けると、物忘れがひどくなります。

頭頂葉は、手足で道具を使うといった運動機能を司っています。

鉛筆で文章を書いたりする作業は、この頭頂葉が行っているのです。
後頭葉には、ものを認知する視覚領野があります。

脳の神経ネットワークは、部位によって異なった働きをしていますが、同時に統合され、情報の処理を行っています。

耳から聞き取った情報は、側頭葉の後部にある言語中枢に達し、これが側頭葉海馬の記憶されている情報と照合されます。

さらに前頭葉の統合判断を経て、前頭葉後部の言語中枢に達して発信つまり話すという動作になります。

こうした情報の分析、処理、そして発信という一連の情報処理が瞬時に行われていることになります。

この言語中枢が障害を受けると、言葉を聞いても理解できず、外国語を聞いているような状態になったり、言葉が出なかったりします。

なんと行って良いのかわからないことになります。

これは、言葉のやりとりができない失語症という状態です。

自立でも大丈夫!介護保険「認定調査・裏技マニュアル」
認知症とは
認知機能
認知機能が低下
脳はコンピュータ
認知症かどうか
認知症を電車に例えると
物忘れと認知症
認知症はどうして起こる
認知症に気づいて病院を見つけるまで
受診と検査
自宅でお世話するには
上手にコミュニケーション
認知症の人の心理
間違い行動を起こしたら
介護保険サービスを利用
居宅サービスを利用
施設サービスを利用
認知症のQA
うつ病の悩みがスッキリなくなります。こころケアからだケア
リンク集
ホームヘルパーが教える、絶対に失敗しない自宅介護法
要介護認定 徹底マスター模試
自立でも大丈夫!介護保険「認定調査・裏技マニュアル」

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
長期金利 予測










































































超わかりやすい認知症ケアのマニュアル All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。